借りすぎた借金、どうしますか?

 車を買う。遊びに行く。旅行に行く。生活をする。子供を養う。これらの事を行うためには、どうしてもお金が必要になります。しかし、いつでも蓄えがあるわけでもありません。どうしてもお金が必要なときに、足りない事だって生きていればよくありますよね。そのため、時には銀行などの金融機関、またはクレジットや現金化などの消費者金融を利用する人も少なくないでしょう!しかし、これらを利用を間違えると借金が返せずに、返済が間に合わずどんどん借金が膨らむといった事態に発展することだってあります。そして、借金を返すためにまた借金をするといった「自転車操業」のケースに陥る可能性があるのです。そうなってしまったら、取り返しのつかないことになります。もし、そんな借金に苦しめられる状態にアナタが陥ってしまったら…。

 しかし、解決方法がないわけでもありません。どうしても借金を返済することができない場合、「任意整理」といった法的手段に頼ることをおススメします。任意整理は、「債務整理」とも呼ばれているので、一は耳にした事があるのではないでしょうか?当サイトは、任意整理について情報をまとめた個人運営のホームページです。専門家というわけではないので、ご紹介する内容に誤解を招く表現や間違った解釈で表記されているかもしれません。皆さんにも分かりやすくお伝えするために自分なりの表現方法でご説明しているため、そのような事が起こる可能性があります。その点ご了承の上、ご覧下さい。

任意整理について

 借金返済が困難になった場合に取る手段として、「任意整理」といった法的手段があります。任意整理とは、【整理】と付くぐらいですから借金を整理するといったイメージで考えれば分かりやすいでしょうか?つまり、借金を整理して債務者が返済しやすい環境を法的手段によって整えるといったようなものです。金融機関、または消費者金融からお金を借りる際、一般的に返済方法は「元金」「利息」を返済していくことになります。

元金は借りたお金の金額なので返済するのはもちろんのこと、ほとんどの返済方法が3年や5年といった返済ローンになると思います。一括で返済できるなら、恐らくお金を借りることはしないでしょうから。とまぁ、一括返済が難しいためにローンを組んで、毎月一定の金額を返済していくことになるのですが、このとき発生するのが「利息」なのです。これだけの期間お金を貸しているため、その分「手数料」が発生していると考えた方が分かりやすいかもしれませんね。

その手数料、いわゆる利息が債務者を苦しめている原因でもあります。しかしその利息、払いすぎている可能性はないでしょうか?もしかしたら、今現在払っている金額よりも任意整理を行うことで少なくすることができるかもしれないのです。

任意整理で借金の見直し

 任意整理は、借金を整理することとお話しましたが、まさにその通りなのです。金融機関、または消費者金融からお金を借りる際、何%かの利息を支払うことになります。しかし、その利息の上限は法律で決められているため、設定できる利息の額というのが決まっているのです。ところがどっこい!この利息の設定には、「落とし穴」があるのです。その落とし穴を利用して、債権者側は高金利でお金を貸している可能性があるのです。それを司法書士や弁護士といった法律の専門家が、任意整理で借金を細かくチェック。もし、現在返済している利息が高すぎるようであれば、金融機関や消費者金融である債権者に利息の訂正を行い、今後は任意整理で見直した借金をこの期間内に返済しますといった話し合いを行い、再度債権者に契約を結ばせるのです。

任意整理により、今現在の返済額がかなり少なくなることだって考えられます。そうすれば、負担は少なくなりますよね。それに、返済の目処もたちますよね。借金の事をを人に話すのが恥ずかしいとか考えずに、もし借金でお悩みならまずは司法書士や弁護士に任意整理してもうらことから初めてはいかがでしょうか?

recommend

池袋 美容室

クリーニングや打ち直しした布団を宅配します

Copyright (C) 2008 任意整理のススメ. All Rights Reserved.